地元のこと 買い物のこと

ご当地パン【バラパン】お取り寄せも出来る!

Pocket

島根県出雲市のなんぽうパンの『バラパン』。

昭和24年の発売以来70年以上、味、形、パッケージも当時のままで販売している
地元ではおなじみのロングセラー!

あゆ
ご当地パンは地元でしか流通しないのが、魅力。
あゆ
それぞれの地方のスーパーにあるご当地パンを見つけるのもいいね。
バラパンは『マツコの知らない世界』などでも紹介され、有名になって、通販でも販売されるようになったよ!
ごえ


出雲名物 バラパン 詰合せ
¥3,680
内容:バラパン×4、コーヒーバラパン×3、バラパンラスク×1
‎賞味期限:製造日より6日(バラパンラスクは60日)

↑賞味期限は6日とありますが、パンがパサつき風味が落ちるので、なるべくお早めに

引用:アマゾン-バラパン詰め合わせ

 

Sponsored Links

バラパンの魅力

あゆ
バラパンの魅力を解説します!

レトロかわいいパッケージ

バラパンの起源は昭和24年頃、当時のパン職人が『バラの花のような美しいパンを作りたい』という思いがきっかけとなり、試行錯誤のうえ開発されました。

振り返ると約70年以上も経過しておりますが、味・形・パッケージデザインすべてにおいて当時のままで製造しています。

引用:なんぽうパン-バラパンより

 

愛らしいバラの形

ぽこぽことした生地にクリームを塗って丸めた姿がかわいらしいバラのよう

上から見ても横から見ても、バラのお花感が出てます!

 

昔ながらの手作りの味

私が子供の頃からまったく変わっていない、まさに昔ながらの味です。

自家製クリームも昔ながらのバタークリーム(マーガリン?)のような懐かしい味

昔ながらの味を守り続けるため、創業当初から代々受け継がれてきたパン作りにこだわっています。

特に菓子パンのクリームは全て自家製であり、創業当初から変わらないレシピで製造しております。

機械は進歩しても、なかなか当時の味は再現できません。それくらいパンは非常に繊細なものなのです。

職人が一つ一つ工程や素材、秘伝のレシピを大切に守りながら、昔ながらのパンを皆さまにお届けしています。

引用:なんぽうパン-パン作りのこだわりより

 

コーヒーバラパン

バラパンの姉妹品である『コーヒーバラパン』。

こちらの方が少しお高い(地元では¥20程度)。

生地にもクリームにもコーヒーが入っていてちょっと大人の味。


 

有限会社 なんぽうパンの場所

JR西出雲駅の近くにあります。
食パン・菓子パンの製造卸売業の他学校給食・病院給食もつくっている、地元になくてはならないパン屋さん。

関連ランキング:パン | 西出雲駅

 

Sponsored Links

-地元のこと, 買い物のこと

© 2022 アユゴエブログ Powered by AFFINGER5