地元のこと

らっきょうの漬け方。時期はいつ頃?シャキシャキを楽しもう。

Pocket

らっきょうを家で漬けてみませんか?

スーパーにはすぐに食べられるらっきょうもありますが、

家で漬けた方がおいしいし、たくさん漬けれるからアレンジメニューも作れますよ。

あゆ
食卓の名脇役にも、刻んで料理の隠し味にも使えます。
あゆ
浅漬けからしっかり漬かったらっきょうまで楽しめるのも魅力!
鳥取県名物のらっきょう。健康にもいいんだよ。
ごえ

らっきょうらっきょう酢だけで、簡単に漬けれるからぜひ試してほしいです。

 

Sponsored Links

らっきょうの効能

成分作用効果
アリシンビタミンB1の吸収を助ける
免疫力を高める
疲労回復
風邪、ガン予防
フルクタン水溶性食物繊維
脂質の体内吸収を防ぐ
コレステロールの吸収を抑制
血糖値の上昇を抑制
便秘解消
肥満防止
生活習慣病の予防
ビタミンC抗酸化作用動脈硬化、ガン、免疫機能低下の予防
カリウム余分なナトリウムを体外へ排出高血圧予防
むくみ予防

1日に3〜4粒が目安

引用:【管理栄養士が解説】らっきょうの効能は?効果的な食べ方や1日の目安の個数について知ろう

 

らっきょうの時期

らっきょうの旬は

5月〜7月頃まで。

6月頃が出荷の最盛期。

 

らっきょう漬けのための準備

耐熱保存ビン … 2リットル用

洗いらっきょう … 1㎏(スーパーマーケットでは800円〜1,000円程度)
(通販などでは1,000円〜2,000円程度)

らっきょう酢 … 1リットル (スーパーマーケットでは300円〜500円程度)

鷹の爪…2-3本

 

らっきょう(洗いらっきょう)の漬け方

①保存ビンを熱湯消毒しておく

鍋に沸かした熱湯にらっきょうを10秒程度入れ、
ザルにあげ粗熱を取る

粗熱を取るため、30分程度置く

③ビンに
・らっきょう
・らっきょう酢
・鷹の爪(種を取り除いたもの)
を入れる

④漬けはじめは鷹の爪やらっきょうが浮いているので、2-3日はビンを振って、酢をまんべんなく渡らせる

 

10日頃からが食べ頃

何日かしたららっきょうがだんだん沈んできます。

漬けて10日頃からが食べ頃。

冷暗所に保存してください。

冷蔵庫で保存した方がよりシャキシャキするようです!

漬けてから10日経ったらっきょう

 

らっきょうの食べ方

あゆ
私はらっきょうが大好きなのでそのままが一番多いですが。

カレーのお供

 

タルタルソース

マヨネーズ、パセリにみじん切りのらっきょうを混ぜたら
手作りタルタルソースの出来上がり。

 

まとめ

あゆ
洗いらっきょうとらっきょう酢で簡単に漬けれるから、おすすめです。

※らっきょう1kgにつきらっきょう酢1リットルが目安です。

 

Sponsored Links

-地元のこと

© 2022 アユゴエブログ Powered by AFFINGER5