[外食のこと] 境港市

鳥取県境港市のベニズワイガニを堪能『味処 美佐』

2021年4月24日

Pocket

鳥取県境港市といえば「カニ」ですね。

境港は「ベニズワイガニ」の水揚げ日本一です。

ズワイガニ(松葉ガニ)よりお手頃価格で食べられ、鮮度落ちが早いので、生で食べられるのは贅沢

あゆ
境港で「ベニズワイガニ」を食べるのは貴重な体験になりますよ。
あゆ
「ベニズワイガニ1枚コース」を食べた感想をレポートします。

「ベニズワイガニ」と「ズワイガニ」の違い

項目紅(ベニ)ズワイガニズワイガニ(松葉ガニ)
外観
呼名紅ガニ
紅ズワイ
松葉ガニ(山陰)
越前ガニ(北陸)
特徴身は甘みがあり、水分の多いカニです。保存中に水分が抜けて身が少なくなることを避けるため、甲羅を下にして保存します。身がぎっしり詰まっているのがズワイガニの魅力です。ズワイガニのメスで卵を抱えたものを親がに、脱皮直後のものを若松葉などと呼んでいます。
棲家日本海の深海
水深約500m~2500m
日本海の大陸棚
水深約200m~400m
産卵産卵数3.7万~4.3万粒
産卵周期2年に1回
産卵数7万~10万粒
産卵周期1年に1回
漁期秋から春
9月1日~6月30日

11月6日~3月20日(雄・松葉ガニ)
11月6日~12月31日(雌・親ガニ)
1月20日~2月28日(若松葉)
獲り方カニかご漁

ロープに50m間隔で、150個のカニかごがついた漁具を使います。これを海底に約2昼夜沈めてカニが入るのを待ちます。
底引き網

山陰(日本海)では、小型機船での底引き網で獲ります。

引用:水産王国境漁港(境港市観光協会)

 

Sponsored Links

味処 美佐

画像出典:味処 美佐 公式ホームページ

 

出川哲朗さんと小島よしおさんが訪れましたよ。

数々のテレビ番組でも紹介される有名な『味処美佐』

ぜひ一度は境港のカニを堪能していただきたいです。

境港はおいしいものがいっぱいあるからね。
ごえ

 

ベニズワイガニ1枚コース

画像出典:ぐるなび 味処 美佐 ベニズワイガニ1枚コース

ベニズワイガニコース:11月頃〜6月まで

4,950円(税込)

※仕入状況により価格が500円範囲で変動あり

あゆ
一昨年と昨年11月に夫の誕生日に食べに行きました。

一昨年は価格変動はありませんでしたが、昨年は不漁の影響で+500円でした。

 

ベニズワイガニ1枚コースを食べた感想

前菜とゆでベニズワイガニ

前菜アップ

まずは前菜。

季節の野菜や魚介類をちょっとずつ

見た目もきれいです。

ゆでベニズワイガニはおこのみでお酢の効いたたれで食べます。

箸袋

ベニズワイガニ(一人一枚)

まずはどどーんと「ベニズワイガニ」のお披露目です。

この時点でベニさんは動いています!生きている!新鮮!

お皿もカニ柄でかわいいですね。

そして捌かれるため、ベニさんは調理場に下げられます。

刺身

ベニズワイガニの調理待ちの間にお刺身を食べます。

境港のお魚はおいしいです。

 

茶碗蒸し

茶碗蒸しはカニ出汁のやさしい味。かにみそもいい。

 

そして捌かれたベニズワイガニをいただきます。

つやつやみずみずしい!

甲羅は焼き用です。

 

鍋、焼き器も用意されているので、

刺身でも、でも、焼きでも好きなように食べられます。

あゆ
自分で好きな食べ方に振り分けられるのも魅力です。

鍋に入れたカニを撮り忘れてしまいました。

野菜や豆腐が入った鍋にカニも入れて食べました。

お出汁がおいしい。

家ではなかなかできない味です。

 

焼きガニ焼いているところ

焼き器には炭が入っています。お店の方がかにみそを混ぜてくれました。

焼きガニ

焼きの香ばしいにおいが食欲をそそります。

かにみその濃厚な香りが鼻にぬけます。

焼きガニあし

あしも焼くと香ばしさが際立って、味も濃く感じられます。

あゆ
私は焼きが好きです。

 

鍋の後のぞうすい

鍋を食べて、捌いたベニが残っていたら、

あゆ
雑炊をお願いします。

とお店の方に言います。

すると、カニの身を調理場に下げられ、

鍋に入れて、ぞうすいをつくってくれます。

カニの出汁のしみたぞうすいは、もちろんおいしいです。

 

お茶と漬物

デザート さつまいものプリン

満腹、満足です。

年に一度は食べたいカニ料理。

あゆ
海の恵みに感謝です。

 

味処 美佐 店舗情報

水木しげるロードからも歩いて行ける。

境港に来られる際はぜひ!

人気店なので早めの予約がおすすめです。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 境港駅馬場崎町駅

 

Sponsored Links

-[外食のこと], 境港市

© 2022 アユゴエブログ Powered by AFFINGER5